FANDOM


David Anderson (デイビッド・アンダーソン) とは、漫画『亜人』の登場人物。オグラ・イクヤが来日したときに、表向きは彼のボディガードとして同伴していた。アメリカ合衆国国防総省のアメリカ国家安全保障局 (NSA : National Security Agency) 所属。サングラスをかけ、常に右耳に通信機をつけている。

オグラ・イクヤがアメリカの研究機関が握っている亜人IBMに関する情報を日本の研究機関に流さないようにと、監視していた。 ところが、佐藤が研究所を襲撃したとき使っていたアサルトライフルを拾った戸崎優によって背後から撃たれた。戸崎はライフルの使い方に慣れていないのか、サイトで狙いをつけずに腰溜めで撃ったために急所を外した。「力関係をわかっているのか。こんなことをして、お前も、お前の上司もただでは済まんぞ」と言い残したところへ止めを刺された。その後、遺体から探りだした身分証明書から、ただのボディガードではなく国防総省のNSAに所属している人物だとわかった。

この事実から、戸崎優は、日本の学者の間では相手にされないオグラ・イクヤがなぜアメリカの研究機関で歓迎されていたのかを把握し、さらにオグラ・イクヤに対して佐藤を倒して捕獲するために亜人の秘密を明かそうと尋問しようとした。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki