FANDOM


高橋 (たかはし) とは、漫画『亜人』の登場人物。佐藤による厚生労働省前での招集によって姿を現した亜人。銃の狙撃の腕が優れているため、佐藤のテロ計画実行後のSATとの交戦ではスナイパーとして活動し、佐藤と交戦中のSAT隊員に対して狙撃で援護射撃した。麻薬を吸っている。

銃の扱いについては、田中功次の銃の腕を「本当にへただな」と言い切ることから、かなり優れていると思われる。そのため、佐藤のテロ計画後の佐藤対SATとの戦いでは、スナイパーとしてSAT隊員を狙撃して援護射撃した。

佐藤に初の招集をかけられたとき、ゲンとはよく話をしていたことから、ゲンとは以前からの知り合いか、たまたま気が合う人物だったと思われる。

佐藤のテロ計画実行前、狙撃地点のビルの屋上の下の階段に隠れていた高橋は精神が高ぶっていた。スナイパーライフルが入ったカバンを抱きかかえながら手を震わせ、「これはやばいぜ」と言った。

狙撃のとき、麻薬の効き目が切れるとすぐに補給して吸入していた。

佐藤とともに行動するまで 編集

詳細は FILE:15 ファイター を参照

佐藤は人類に復讐するために、建設停止中のホテルに亜人を呼び寄せた。

そこで佐藤が亜人による人類大量虐殺計画を口にしたとき、集まった亜人の数がたった7人だったので、高橋は「ハハ、集まったつってもたったのこの人数だぜ?」と苦笑いを浮かべた。

佐藤の計画に賛同しなかった亜人は麻酔銃や拳銃で襲われた。その様子を唖然として見ていた高橋とゲンは、反対すると同じ目にあうことがわかったのか、銃を手渡されてとりあえず佐藤の言うとおりにすることになった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki