FANDOM


秋山 礼二とは、漫画『亜人』の登場人物。佐藤人類大量虐殺を計画するために厚生労働省前で亜人に招集をかけたときに姿を現した。中野攻に対しては、「ただの消防士」と自己紹介している。屈強な顔つきの男であり、佐藤のテロ計画に真っ向から反対し、「ふざけたことはさせない。必ずやめさせる」と宣言した。家族、娘がいるため、どうしても佐藤の計画を止めたいと思っている。

佐藤に案内されたとき、「佐藤の分身が案内した部屋……建物の構造上、外へ出にくい箇所に位置している」と発言したことから、万一奇襲攻撃を受けたときに逃げやすい構造かどうかを判断する知識を持ち合わせている。

亜人の恐ろしさをよくわかっており、佐藤がやろうとしていることに対して、「奴らは死ぬこともなく誰にもバレずに、電車を脱線させ旅客機を落とせる。そうなればもっととんでもないことになる」と中野攻に警告している。

高所恐怖症の中野攻に対して、落としてくれと言われたが、子供を突き落とすことに抵抗があるために断っている。

高橋ゲンの放ったワイヤーが胸と肩に刺さり、身動きがとれなくなり、中野攻を安全な状態で逃がす機会がなくなったことを悟った消防士は、「もうお前しかいない」といって、自分を犠牲にして中野攻を逃がし、佐藤の野望を阻止するための最後の望みを彼に託した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki