FANDOM


グラント製薬に対してテロ行為を行った佐藤に立ち向かおうとする警視庁特殊急襲部隊SAT.png

特殊急襲部隊(とくしゅきゅうしゅうぶたい、英語:Special Assault Team、通称:SAT)。日本の警視庁に所属する特殊部隊で銃器によって対処する事件を取り扱っている。成員は特別な訓練を受けており、実戦経験もある。

佐藤グラント製薬にテロを仕掛けた直後、迫ってくるSATに対し「この国の最強の部隊とは? 自衛隊か? 違う。一度も実戦経験のない奴らなど論外。甚だしい」とAJIN.comで喋っている。

しかし、50名ものSATをもってしても、佐藤のショットガン、スナイパーの高橋とオブザーバーのゲン田中功次IBMによるスナイパー防衛とSATスナイパー征圧、奥山ドローンによる情報収集によって佐藤捕獲には失敗、逆に佐藤らに全滅させられてしまった。

トリビア 編集

  • 実在するSATの装備では背中には「SAT」の文字がなく、代わりに POLICE の文字が描かれている。また胸には「警視庁」の文字は描かれていない。
実在する特殊急襲部隊の訓練映像02:28

特殊急襲部隊 =Special Assault Team=

実在する特殊急襲部隊SATの訓練映像

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki