FANDOM


永井 慧理子 (ながい えりこ) とは、漫画『亜人』の登場人物。永井圭の妹。子供の頃から原因不明の病気にかかっており、ほとんど病院のベッドで生活している。これがきっかけで兄の永井圭は妹の病気を直すために医者を志望して勉強している。兄の圭は亜人だが、妹は母親同様ただの人間である。

現在では、榎総合病院という病院に入院していることがわかっている。

幼いころに犬を飼っていたが、死んでしまっている。そのときに圭が「幽霊が来る」としゃべっていたことを耳にしている。

幼いころから海斗に好意を抱いていたが、海斗の親が犯罪者とわかってから圭が海斗と友達になってはいけないと母に言われた際、海斗を切り捨てるような圭の冷たい態度を知ってからは、圭のことを「クズ」だと思うようになったる。そのため、圭が勉強するのも妹の為ではなく自分自身の悦の獲得の為だと言い切る描写も存在する。

亜人である佐藤が、亜人と発覚した永井圭を誘い出すために、田中功次に誘拐されている。その後、永井圭を誘い出すことに成功してからは、彼らから解放されて救急車で病院に運ばれた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki