FANDOM


永井圭の母とは、漫画『亜人』の登場人物。長男に永井圭、その妹に永井慧理子がいる。漫画の中では、目がないのっぺらぼうの姿で映されているため、素顔はわからない。

永井圭が亜人と発覚してからは、戸崎優から永井圭についての情報を聞かれたが、そのときは自分の子供を一旦は「息子」といったものの、人間ではないとわかったことを思い出してすぐに「永井圭」と呼び直している。

永井慧理子が幼いころ、あるとき海斗の親が犯罪者と発覚してから、永井の母は圭に対して、親が犯罪者であることを理由に海斗とは遊んではいけないと言って、携帯電話から海斗の電話番号を消すために携帯電話を渡すように迫った。永井圭は理由がなければ納得出来ないと抵抗したが、海斗は犯罪者の息子だと言われると、それならしかたがないと言って携帯電話を渡した。しかし、永井圭は海斗の携帯電話番号を暗記していたため、携帯電話から番号を消されても普通に電話を書けることが可能だった。その結果、永井圭自身が亜人だと発覚したときに、海斗に助けを求めるために即座に電話をかけることができた。

永井慧理子のために買った仔犬のペットが死にそうになったとき、獣医のもとにペットを連れて行かないのかと子供に言われたが、すぐに土に埋められて、結局死なせたと見られる。そしてそのときに放った永井圭の母のセリフは「不良品をつかまされたわ。あのペットショップ、訴えてやろうかしら」という不満だった。

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki