FANDOM


永井 圭(ながい けい)とは、漫画『亜人』の主人公。

医者を志望している高校生であったが、交通事故でトラックに轢かれたことによって、自身が亜人であることが発覚する。その後は利用価値のある研究材料として扱われるため、賞金を狙う者達や警察の手から逃れるため、逃亡する。

永井圭の年齢は、高校の教室に「3-1」と書いてあったことから、3年生で17歳か18歳と見られる。ただし、田舎に逃げたときは村人に16歳と自称していた。妹に永井慧理子がいる。

合理的に考え、不要と判断した人間は切り捨てる冷たい思考も見せるが、研究所で研究員に人体実験をされたにも関わらず、佐藤に殺されそうになった研究員2人を助けようとした。

医者志望の影響か、人を窒息死させる方法に精通している。毒、窒息などによって意識を無くさせることが亜人を無力化させる方法だと思いついた。

永井圭が佐藤に反逆したとき、永井圭のIBMは佐藤に向かって「あなたの……娘さん……殺されちゃうよ?」と言っている。このセリフは実は永井圭が埼玉県警の警察官に追われたときに、油断させるために警察官に向けてしゃべったセリフである。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki