FANDOM


佐藤 (さとう) とは、漫画『亜人』の登場人物。ハンチング帽を被った中年。亜人を率いて人類に復讐という建前の戦闘ゲームをしている。帽子を被っていることから、戸崎などの政府関係者からは「帽子」と称されている。また「佐藤」という姓は、日本で一番多い姓であることから、本人による自称で、本名とは違うのではないかと疑われているため、政府関係者が作成した亜人リストでは「佐藤 (自称)」表示されている。

見かけ上はいつもニコニコした表情を見せるため、永井圭は初対面時に騙された。

人間と戦うときは余裕の表情で目を笑わせながら行動する。研究所襲撃時(永井圭奪還)、麻酔銃を持った警備隊に麻酔弾を撃ち込まれた際、全身に麻酔がまわる前に自分の腕を切断し無効化させ、胴体に麻酔弾が刺されば首もとを拳銃で撃ち、麻酔と欠損した腕をリセットと亜人の特性を活かした戦い方を得意とする。

ちなみに佐藤に子供が居るかどうかは不明。

テロ行為 編集

計画的に亜人を率いてテロを起こそうとしている。 グラント製薬にテロを起こすとホームページ上で予告し、それを実行した。

佐藤は、人間には姿が見えない奥山のIBM丸鋸と釘撃ち機をこっそりと持たせた。そのIBMは天井を這って空港の荷物検査を掻い潜り、丸鋸と釘撃ち機が入った紙袋を佐藤に渡した。佐藤はそのまま機内に入り、離陸後に持ち込んだ丸鋸を使って機内の操縦室をこじ開け、パイロットを釘撃ち機で殺して操縦権を奪ってグラント製薬のビルにそのまま突入して700人以上の犠牲者を出すテロを起こした。

・・・だがアニメ版ではここが原作と多少異なり、飛行機を使うテロは9.11同時多発テロを連想させる為か表現規制された。 アニメ版では、グラント製薬周辺のビルの地下階を爆破し、その倒壊させたビルがグラント製薬を押しつぶすという形になっている。 この際、ビルに侵入した時に使った「Clean Fox service」という偽の社名を貼った車も佐藤らが着た制服も目撃した人物ら(警備員や管理人、SATスナイパー、ビルの従業員、etc…)は爆破や戦闘で死亡した為、表に出た佐藤以外の亜人はこの際報道されていない。

その後は、日本で最強とされる警視庁の特殊部隊SATと戦い、スナイパーの高橋、オブザーバーのゲン、SATスナイパー討伐を行った田中功次のIBM、ドローンによる偵察を行った奥山らと連携プレイをとってSATを全滅させた。

過去 編集

父はイギリス人で母は中国人。本人はアメリカ人らしい(日本人ではないので注意が必要) 本名はサミュエル・T・オーウェン 元アメリカ海兵でついたあだ名はポーカーフェイス

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。