FANDOM


亜人管理委員会の会議室とみられる部屋。中央に戸崎優が立っている。左から2番目には岸祐二が座っている。

亜人管理委員会の会議室とみられる部屋。中央に戸崎優が立っている。左から2番目には岸祐二が座っている。

亜人管理委員会 (あじんかんりいいんかい) とは、漫画『亜人』に登場する厚生労働省にある組織。表向きは亜人を保護して研究をしている組織とされているが、その実体は亜人を何度も殺して人体実験を行う組織となっている。

木戸によると、亜人管理委員会は、死んでもすぐに生き返るという亜人の特性を利用し、新車の衝突実験のマネキン代わりとして自動車会社に亜人を貸し出すなどして利益を上げたり、グラント製薬などの製薬会社の臨床実験のために亜人を貸出し新薬を開発することで利益を上げたりしているのだという。他にも保護具メーカー、医療機器メーカーなどの日本の名だたる企業が裏で亜人管理委員会と契約している。

実在する映画製作担当組織としての亜人管理委員会 編集

亜人』のアニメーション映画化決定に伴い、実在するアニメーション映画の制作会社または組織として「亜人管理委員会」が名乗りを上げている。亜人公式Twitterアカウントでも「こんばんは、亜人管理委員会です」と名乗っている。[1]

亜人管理に所属している人物 編集

参考文献 編集

  1. 亜人公式Twitterアカウントのツイート「こんばんは、亜人管理委員会です」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki