FANDOM


亜人管理委員会にとって障害になりうる人間の割合と亜人擁護思想の人間リストを表示しているパネル

亜人管理委員会にとって障害になりうる人間の割合と亜人擁護思想の人間リストを表示しているパネル

亜人擁護思想 (あじんようごしそう) とは、漫画『亜人』において、政府が日本国内の電話やメールを監視することによって、政府または亜人管理委員会にとって障害になりうる人間が持つ思想のこと。『亜人』2巻で登場した。

このデータの中からリアルタイムで政府の障害になりうる人物が算出されている。その数字は『亜人』2巻の時点で 0.0000164% となっている。日本の人口を1億3000万人と仮定すると、その人物の人数は単純計算でわずか19人ほど。

佐藤が亜人に対して非人道的なことが行われている動画をWeb上で流し、マスコミを通じてテレビで亜人の実体を報道してからは、この数値は 0.0000172% とわずかに伸びた。総人口比から単純計算するとそれでも20人にしかならない。

戸崎優は、このデータは必要ないことを願いたいと主張しているが、もし必要な事態に陥った場合には、このデータをフルに活用し、作戦に反映させるという。

むろんプライバシーや人権などは棚上げである。


政府に亜人擁護思想の疑いがあると見なされている人物 編集

  • 中島 敬介 - 永井圭と同じ学校に通う高校生
  • 田畑 功
  • 素川?
  • 園山 大気
  • 中山 時子
  • 清水?
  • 沼田 愛純
  • 二宮 充良
  • 新沼 勝和
  • 濡田 美恵子?
  • 名倉 泰浩?
  • 曽和 理斗?
  •  ? 又蔵
  •  ? 海斗
  •  ? 一樹
  •  ? まゆ

トリビア 編集

  • 亜人擁護思想の疑いがあるとされている人物として亜人管理委員会のパネルに表示された一覧の中には「海斗」という名前がある。この人物が永井圭の幼なじみの海斗のことかどうかは不明だが、永井圭を庇っていることから海斗も亜人擁護思想の人物と推測することもできる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki