FANDOM


中野 攻 (なかの こう) とは、漫画『亜人』の登場人物。佐藤が人類大量虐殺の計画を実行するために厚生労働省前に呼び寄せられた亜人のひとり。中卒の若者。運動神経がよく直情的。本人曰くIBMを出せないという。

運転免許は持っていないが、フォークリフトは動かせると本人は言っている。そのことから、主に力仕事をしていると見られる。 酒好きであり、他人の飲み会の席に割って入って話を盛り上げうまく酔わせることができる。

反射神経が非常によく、身の危険を察知して麻酔銃で狙われていることに即座に気がついて回避する能力に優れている。

永井圭に「戦場に次の3つのうちひとつだけ持っていけるとしたら、どれを選びますか?」と問いかけをされたとき、中野攻は、

  1. 「鍛錬により鍛えあげられた屈強な肉体」
  2. 「経験からあらゆる戦略を蓄積した頭脳」
  3. 「不死身」

のうち「屈強な肉体」と答えている。このことから、頭よりも肉体を重視する性格であることがわかる。

佐藤が亜人の招集をかけたときに消防士の亜人に佐藤の大量虐殺計画を阻止するように託された。 後に、永井圭IBMから黒い物質が空高く登っていくのを見て、その方向に向かって永井圭が隠れ潜んでいた村に向かい、永井圭と出会う。亜人としての正体を隠しながら村でひっそりと暮らしたがっていた永井圭と一悶着した後、永井圭に廃棄されたトラックに閉じ込められてしまう。しかし佐藤がグラント製薬本社ビルに飛行機で体当りして何百人もの大量虐殺を行い、さらに警視庁のSATを絶滅させ、さらに村の者に自分の正体がバレて狙われることになったことから、永井圭は気が変わり佐藤の計画を阻止するために、攻は圭と一緒に行動することになる。後に戸崎優とともに行動する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki