FANDOM


中島 啓介 (ながじま けいすけ) とは、漫画『亜人』の登場人物。永井圭と同じ高校に通う高校生で大学受験のため塾に通っている。埼玉県入間市下藤沢に在住。


西武池袋線の入間市駅付近の夏期講習会に通っていたとみられる。

永井圭や渡辺と一緒に通学中に永井圭がトラックに轢かれて死亡してから蘇生したところを目撃している。そのときの中島啓介はこれといった特徴的な発言はないが、その後の夏期講習会での塾生との雑談で、亜人としての永井圭が酷い扱いを受けていることに納得がいかず、毎日亜人のことを考えていることがわかっている。 一緒に受験勉強をしているユキという彼女がいたが、勉強を疎かにし模試のできも悪く、なおかつ亜人のことばかり考えていたために別れを告げられる。

永井が勉強熱心であったため、永井のことを普通の人間と同じように見えている。

ネットで「亜人 救済」で検索し「亜人差別撤廃委員会」というウェブサイトを見つけ、そこでメールアドレスを入力して会員登録をしている。

政府には、日本国内の電話やメールを監視することによって、政府にとって障害になりうる人間、亜人擁護思想の人間としてリストアップされている。

トリビア 編集

  • 中島啓介が亜人擁護思想の人間としてリストアップされたデータベースには、中島啓介の自宅の郵便番号として358-0011、住所として「埼玉県入間市下藤沢」という記述がある。番地などの記載はないが、いずれも実在する郵便番号と住所であり、最寄り駅は西武池袋線武蔵藤沢駅で、入間市駅から二駅で行くことができる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki