FANDOM


機動隊に警備されているグラント製薬本社ビル

佐藤のテロ計画に備え機動隊に警備されているグラント製薬本社ビル

グラント製薬 (-せいやく) とは、漫画『亜人』に登場する製薬会社。佐藤はこの会社が「亜人の人体事件に関与している」と主張している。

亜人管理委員会木戸によると、ある製薬会社が亜人で臨床実験を繰り返し開発した新薬で莫大な利益をえたという。グラント製薬がその製薬会社のひとつである可能性がある。

佐藤はグラント製薬のビルに911同時多発テロのごとく旅客機ごと突っ込んでビルを倒壊させた。このテロ事件によりビルで働いている従業員と乗客、機動隊員もろとものべ700人近くを死に追いやった。

永井圭が避難した田舎の村に住み年金生活を送っているによると、株価が安定している優良企業とされていた。は自身の年金と蓄えをすべてグラント製薬につぎ込んだ。ところが、佐藤の起こしたテロによってグラント製薬の株価は連日ストップ安となり、は大損をすることとなり、亜人に対する憎悪を増大させ、永井圭に矛先を向けることとなった。

なお、テレビアニメでは旅客機ごと突っ込んでビルを破壊させるところを、隣のビルに爆薬を仕掛け、グラント製薬本社ビルごと破壊させる展開となっている。

グラント製薬に突っ込む旅客機

グラント製薬に突っ込もうとする、佐藤のテロ計画によって乗っ取られた旅客機

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki