FANDOM


オグラ・イクヤとは、漫画『亜人』の登場人物。アメリカに渡った生物物理学者の博士。1999年に渡米し、亜人研究トップクラスの地位。彼の論文は荒唐無稽と岸祐二ら日本の研究員の間では称されているが、不思議なことにアメリカではかなり受け入れられている。日本政府が知らない、アメリカ政府にしか知り得ない亜人の秘密を知っている。来日したときは、David Andersonが表向きはボディガードとして同伴していた。

タバコ好きであり、タバコは廃盤の銘柄にこだわり、身の危険を犯してでもタバコには拘る。廃止された銘柄マイルドセブンFKを好む。 佐藤が研究所を襲撃したときに、秘密を明かすために戸崎の手によって捕らえられ、死んだことにされている。

亜人が出す黒い幽霊の正体の秘密を明かすために戸崎から尋問を受けて、その時に戸崎に刃物で指を2本ほど切り落とされている。 指を数本切り落とされても、まるで自分が何度も殺された経験がある亜人であるかのように、それほど強い痛みを感じていない素振りを見せる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki